最高の瞬間 ~the greatest moment~

趣味である釣りを中心に、自然と触れ合うことの楽しさや大切さを綴ります。

最高の瞬間 ~the greatest moment~ イメージ画像

更新情報

釣れるはずの雄物川秋田県 雄物川散々、メディアにフォーカスされているので説明不要だろう。初めて雄物川へ訪れたのは2014年の釣旅であった。2015年にも来てはいるが釣りはしていないので、改めて釣りをするのは4年ぶりとなる。個人的印象としては、シーバスの釣れる流域面
『釣旅第20弾「鱸の釣れる川を探して」 2日目 後半(雄物川・子吉川編)』の画像

釣行時間15分の最上川ハッと目が覚めると辺りは明るくなっていた。時計を確認したら5時30分と表示されている。これじゃ朝マズメなんてあったもんじゃない。こんなことなら阿賀野川で朝マズメを釣りしてからでも良かったんじゃ…。自分が寝てしまったのだから嘆いても仕方がな
『釣旅第20弾「鱸の釣れる川を探して」 2日目 前半(最上川・子吉川編)』の画像

淡水域河川のシーバスについて淡水域河川のシーバス釣りは、主に早春から始まり晩秋に終わる。河川毎の流量や地形、汽水域の状況等、地域差はあれど前記の範疇に収まる。淡水域に関しては、概ね「鮎に始まり、鮎に終わる」と言っても過言ではない。しかしながらシーバスは鮎
『釣旅第20弾「鱸の釣れる川を探して」 1日目(阿賀野川編)』の画像

KET工藤氏との釣りから数日後、雨が降ったので釣れる感覚を取り戻すべく釣行した。過去に散々釣りした釣り方だけど釣旅が控えているので悪しからず。今シーズンは初めてのポイントへ。どのように地形が変化しているのか。馬の瀬にガボッツ90を投げた。1投目で喰ってきたが、
『矛盾の渦』の画像

KUDO EXTREAM TOURの工藤氏から連絡が入った。「明日の夜、暇?」と。いつも突発的で急な誘いなのに珍しく前日の昼間に連絡があるなんて何かあったのかと思ったが、そろそろシーバス釣りをしないといけないみたいだ。ちょうど翌日が休みだったこともあり、二つ返事で釣行を約
『自然と背中を押してくれる存在』の画像

↑このページのトップヘ